上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月16日(土)、森のムッレ教室(5・6歳対象)「ぷくぷく」主催わくわく自然教室に協力。子どもたちと初回に決めた「みんなの木」(桜の樹)の所に行って眺めました。葉っぱが色づいていて、落葉も多いことに子どもたちは気づきました。そしてこの季節にしか見られないアサギマダラを観察しました。優雅に飛ぶ様やヒヨドリバナから蜜を吸う姿を観察しました。それからわかたけ広場に咲いている秋の草花を3種類ずつもらって同じ種類の草花のなかま集めをしてみると10種類あり、色んな草花があることに気づきました。それからみんなでキノコを探しにいきました。同じ場所に2種類のキノコがあり、ちょうど菌糸が落ち葉を分解しつつあるのが見つかりました。それを見ながら「キノコのおしごとって何だろうね」と子どもたちにも考えてもらいました。そしておやつにするシイの実を拾い、野外炊飯場へ。野菜スープと天然酵母のフランスパン、炒ったシイの実をいただきました。おいしかったですよ。
P11004761.jpg P11004771.jpg
  キノコがあったよ               キノコのおしごとは?
P11004641.jpg P11004861.jpg
  キリギリス                       野外食                
asP1100528.jpg
  アサギマダラ
P1100471.jpg
  ゴイシシジミ  
P1100530.jpg  








2010.10.16 / Top↑
7月29日と8月26日に「森のムッレ教室」(5・6歳対象)「ぷくぷく」主催「わくわく自然教室」に協力。を行いました(福津市子育てネットワークぷくぷくに協力)。ムッレ教室の目的は、まず子どもたちに「自然に出かけるのは楽しい」ということを知らせることです。 子どもたちは五感を使って様々な生物とふれあうことにより、エコロジー(生物界の共生)を知り、一緒に生きている他の生物や依存している環境への気づかいを学んでいきます。今年は例年にない猛暑、でもわかたけ広場は樹木が多く、木立の中はひんやりとしています。森に入る前に3つのお約束。初めにみんなの樹を決めました。子どもたちが選んだのは桜の樹。それからムッレ誕生のピクチャーシアターをみんなで楽しんでから、草鬼をしました。そして鳥の声やセミの声に耳を澄ませながらゆっくり森の小径を散歩。開けた広場でヒミツの袋のゲーム。様々な生き物にふれて仲良くなりました。ノコギリクワガタやカラスアゲハ、ニホンカナヘビ、カマキリもいました。それからおいしい野外食(旬の野菜スープと天然酵母のフランスパン)をいただきました。
P10905031.jpg P10808441.jpg
       みんなの木だよ             ムッレのピクチャーシアター
P10905061.jpg  P10905301.jpg
          ムッレの歌を歌ったよ          どんな葉っぱがあったかな
P10905401.jpg  P10808601.jpg
          あっ、いるよ                ヨモギだよ
P10905511.jpg  P10809081.jpg
         ショウリョウバッタつかまえた      ノコギリクワガタがいたよ
P10808911.jpg  P10904951.jpg
         あったよ                ニホンカナヘビもいたよ
P10808522.jpg   P10809012.jpg
         すご~い                 おいしい野外食



  

















2010.09.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。